【雑感】「中小企業が選んで人を採用できるようになると、組織が強くなる本当の理由」的なカラクリの話

Share on Facebook

 人材採用
コロナでだいぶ状況も変わってきてはいますが、中小企業の採用課題のほとんどは、「応募が来ない」というもの。
求めるスキルや能力・素養を持っている人財を採用したい、という経営者の方は、当然多いわけですが、
こと中小企業に限って、応募を増やす施策に力を入れ、人財を選んで採用できるようになると、もっともっとたくさんの、大きなメリット、というか、組織文化が変貌するくらいの変容が起こせる、という実感があります。
人を選ぶ、って、少々抵抗のある表現ですが、
結果、働く人ももっと幸せになるような変容が起こせることも多い。
そんなことについて、雑感をFacebookに投稿しました。
ご興味があれば、ご覧いただけたら嬉しいです。

Share on Facebook